ルート4: フランチャコルタ・ロゼ – 赤のルート

平均所要時間2時間
難所サンティッシマ・アンヌンツィアータ修道院(標高261 m)へ行く区間を除けば、特になし。
Cyclability全行程でサイクリング可能
高低差+/- 250
全長:28km
始点エルブスコ(Erbusco)

ストラーダ・デル・フランチャコルタ協会本部(Via Verdi, 53 – Erbusco)前の駐車場に自動車を停めて、右側の上り坂の道を進みます。一時停止で直進してヴェルディ通り(Via Verdi)に進みます。この道も上り坂です。左手に華麗なレンキ荘(villa Lechi)とロンギ・デ・カルリ宮殿(Palazzo Longhi de Carli)が見えます。ヴェルディ通り(Via Verdi)が下り坂になり、そのまま進んでいくと、長い塀の脇を通り、その後で右へ曲がってメテッリ通り(Via Metelli)に入ります。遠くへ目をやるとオルファノ山(Monte Orfano)が見えます。住宅街を突っ切って進みます。

この道はさらにヴィッラヌオーヴァ通り(Via Villa Nuova)とサン・ジョルジョ通り(Via S.Giorgio)へと続きます。ヴィッラ(Villa)の集落の中心部にぽつんと鐘楼が立っています。ロータリーまで来たら、左へ折れて、古い民家が並ぶクロチェフィッサ通り(Via Crocefissa)に入ります。交差点で左に曲がり、上り坂のペデルニャーノ・ソット通り(Via Pedergnano Sotto)に入ります。一時停止のところでは、そのまま直進します。ブドウ畑とフランチャコルタ地域の平野部の眺めを楽しんでから、マッティーナ通り(Via Mattina)に入り、再び上り坂を漕ぎます。一時停止のところで右へ曲がって、坂を下り、イゼオ方面につながる県道に入り、1200メートル走ると、カリーノ(Calino)方面の案内標識があるので、そこで左折し、少し走るとサーラ通り(Via Sala)に入ります。ここでは、ブドウ畑の間の道を行くと集落に入り、戦没者記念碑のあるところでボルナート(Bornato)方面の案内標識に従って右に曲がってパオロ・セスト通り(Via Paolo VI)に入ります。

ロータリーで左折してサン・ミケーレ通り(Via San Michele)の坂を下ります。一時停止でさらに左折し、ボルナート(Bornato)の住宅街に入ります。踏切を渡り、バッソ・カステッロ通り(Via Basso Castello)を進み、ボルナート城(Castello di Bornato)へと続く細い上り坂を登ります。城は厚い石垣で囲まれています。右手の小道を進んで城の入口まで行き、左へ折れて古い建物と石垣の脇を通りながら細い下り坂の砂利道を行きます。砂利道が終わるところで左手に日陰になった道が見えます。一時停止のところで右へ曲がって踏切へ向かい、踏切を渡ったら、バルコ・ディ・カッツザーゴ(Barco di Cazzago)まで長いサイクリング道路を走ります。道沿いのささやかなマドンナ・デッラ・ズッケッラ(Madonna della Zucchella)教会の眺めを楽しみましょう。

サイクリング道路は、この先カッツァーゴ・サン・マルティーノ(Cazzago San Martino)の信号まで、数キロメート続きます。踏切を渡ったら、リッツィーニ通り(Via Rizzini)へ入り、引き続きサイクリング道路を走りながら、「ラ・ルオータ」(La ruota)の彫刻があるところまで行きます。ここで左折してペル・ロヴァート通り(Via Per Rovato)に入ります。この道は高速道路を跨ぎます。

工業地帯をしばらく走った後、ロヴァート(Rovato)の中心街への案内標識に従ってロータリーを直進します。信号で右折してサン・ロッコ通り(Via San Rocco)に入ります。この道沿いには、石造りの美しい表玄関のある古い家が並んでいます。小さなロータリーまで来たら、目の前にそびえるクイスティーニ城(Castello Quistini)を眺めてから、左へ曲がり、ボノメッリ通り(Via Bonomelli)へ入り、この小さな町の中心部を通り抜ける前に右へ曲がって、並木のあるコンテ・エウジェニオ・マルティネンゴ・チェザレスコ通り(Viale Conte Eugenio Martinengo Cesaresco)の市場の立つエリアへ向かいます。正面にオルファノ山(Monte Orfano)がそびえており、この先はこの山を脇に見ながら走ることになります。マルティネンゴ通り(Via Martinengo)の坂を下り、右へ曲がって、砂利道を1キロメートル行ったところにサンティッシマ・アンヌンツィアータ修道院(Convento della Santissima Annunciata)があります。修道院を省略する場合は、上り坂の初めのところで停まってサント・ステファノ教会(Chiesa di S. Stefano)を見学するのもよいでしょう。元の道に戻ったら、右へ曲がってベッティーニ通り(Via Bettini)に入ります。この道の坂を下っていくとジッリ通り(Via Gigli)に着きます。この道が終わるところで右に曲がってコッカーリオ(Coccaglio)へとつながるヴィットリオ・エマヌエーレ・セコンド通り(Via Vittorio Emanuele II)に入ります。こうしてコッカーリオの町の中心のルーカ・マレンツィオ広場(Piazza Luca Marenzio)に着きます。左手にロマーナ塔(Torre Romana)が、右手に教区教会が見えます。信号の後で右側のマルティリ・デッラ・リベルタ通り(Via Martiri della Libertà)に入ります(一方通行ですが、この小さなサイクリング道路は入ることができます)。さらにサン・ピエトロ通り(Via S.Pietro)に入り、右手にサン・ピエトロ教会が見えます。

ここからコローニェ(Cologne)までは広くて長い立派なサイクリング道路を走ります。この道の終わりまで走って数百メートル直進を続けると、ヴィットリオ・エマヌエーレ通り(Via Vittorio Emanuele)とガリバルディ広場(Piazza Garibaldi)で再びサイクリング道路に入ります。ここではアドロ(Adro)とイゼオ(Iseo)方面の案内標識に従います。右折してカップッチーニ通り(Via Cappuccini)に入り、マルコーニ通り(Via Marconi)をスピーナ(Spina)に着くまで走ります。信号でエルブスコ-ロヴァート(Erbusco-Rovato)の案内標識に従って右折し、ロータリーで再び右へ曲がってフォンタネッレ通り(Via Fontanelle)に入ります。この道は、右側にやや上り坂のヴォルタ通り(Via Volta)が見えてくるまでの両側にブドウ畑が続きます。ガード下を抜けると、道はゾッコ・デルブスコ(Zocco d’Erbusco)のコスタ通り(Via Costa)となります。県道を渡るための信号のある道が狭まるところまで進みます。ここで正面にあるヴェルディ通り(Via Verdi)を進むと、右手にストラーダ・デル・フランチャコルタ協会の本部があり、ここでコースは完了です。

その他の小旅行

主なパートナー

CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー