ブレーシャ-イゼオ トレッキングルート

ブレーシャからイゼオ湖までを2日間で巡るコースです。丘陵やパノラマが楽しめます。 

第1区間: ブレーシャ(BRESCIA)からロデンゴ・サイアーノ(Rodengo Saiano)まで

対象大人
所要時間6時間 
全長15.8 km 
累積標高差+660m / -620m
始点ブレーシャ(Brescia)

出発点はブレーシャ市のヴィッラッジョ・バディーア(Villaggio Badia)にあるサンテッローネ(Santellone)農園です。最初はなだらかな田舎道で、やがてブレーシャのコッリーネ公園(Parco delle Colline)の案内所に着きます。案内所に隣接して休憩所があります。ここから起伏のない明らかに馬車道とわかる未舗装の道を歩きます。この道にはハイキングコースを示す白/赤の印が付いており、1時間半ほど行くと、カンピアーニ(Campiani)に着きます。この辺りからサンタンナの丘(Colle di S. Anna)の斜面に広がる美しいブドウ畑が見え始めます。ブレーシャ(Brescia)とチェッラーティカ(Cellatica)を結ぶ道を横断して小道を行くと、カンピアーニ(Campiani)に着きます。ここでは片側にヴァル・トロンピア(Val Trompia)渓谷のパノラマが、反対側にはフランチャコルタのパノラマが広がります。曲がりながら白/青の印で識別できる「3Vの小道」(sentiero 3V)に入り、チェッラティカ(Cellatica)方面の道へ進み、マドンナ・デッラ・ステッラの聖地(Santuario Madonna della Stella)へ向かいます。出発点からここまでの所要時間は2時間半ほどです。この聖地は眺望の素晴らしい場所です。前庭を通り抜けて階段を降り、下り坂の道でヴィア・クルチス(キリストが磔刑に至るまでの受難を14の場面に表したもの)の最後の場面まで行きます。ここでは「フランチャコルタの小道(Sentiero della Franciacorta (SF))」の案内標識に従います。この道にはハイキングコースを示す白/赤の印が付いており、この道をグッサーゴ(Gussago)まで進みます。教区教会を後にして北方向へ進み、道の中間あたりで白/赤の印のあるこの道から抜けると、まもなくローマ通り(Via Roma)に入ります。1つ目のロータリーをかすめ、バイパス道路のコンチェージオ-オスピタレット(Concesio – Ospitaletto)線の下をくぐり、その次のロータリーで左折すると、数メートル先に白/赤の印のある「ドゥエ・テーゼの小道 (Sentiero delle due Tese)」の案内標識があります。小川を歩いて渡り、さらに進むと1時間半で今では廃墟となったテーザ・ディ・ソプラ(Tesa di Sopra)集落に着きます。集落の裏の野原からは、ポー平野とフランチャコルタの壮大な眺めが楽しめます。未舗装の道へ戻り、5分ほど坂を登ると、道が分岐しますので、左側の道を歩きます。この道は緩やかな下り坂で、建物の周りをヘアピンカーブを描くようにして下ると、そこから先は急な小道となり、数メートル先にピアネッロ(Pianello)の小教会が現れます。ここからはデルマ山(Monte Delma)とロデンゴ・サイアーノ(Rodengo Saiano)の町の眺望が楽しめます。この小さな教会の脇の急坂の小道を下るとアスファルトの道に出ます。その少し先でガンドーヴェレ(Gandovere)の小川を渡り、ロデンゴ・サイアーノ(Rodengo Saiano)からオーメ(Ome)まで続く道を進みます。途中、コルネート通りを歩いてコルネート(Corneto)の集落を通ります。美しいフェナローリ荘(Villa Fenaroli)を過ぎたら右へ曲がって高い塀の間の道に入り、未舗装の道を進みます。この道はデルマ山(Monte Delma)の麓に沿って片側が石の壁になっています。この道が終わるところで分岐点となります。ここでも山の麓に沿って未舗装の道を進むと、やがてアスファルトの道と交差します。ここで右折して、「カルヴァリオ(Calvario)」の大階段まで行きます。(コルネートからここまでの所要時間は25分程度です。)

第2区間: ロデンゴ・サイアーノ(Rodengo Saiano)からイゼオ(ISEO)まで

対象大人
所要時間4時間30分
全長12,3km
累積標高差+550m / -555m
始点ロデンゴ・サイアーノ(Rodengo Saiano)

カルヴァリオの大階段から、デルマ山(Monte Delma)の麓にあるカルヴァリオ修道院(Convento del “Calvario”)へと向かいます。
アスファルト道路に着いたら、左側のヘアピンカーブの道へ入り、白/赤の印が付いた「カッシーナ・ベルタ(Cascina Berta)」の小道をデルマ山(Monte Delma)の頂上まで行きます。この辺りには広大なブドウ畑が広がっています。尾根に沿って西方向へ進みます。この辺りは、西向きに置かれた狩猟小屋があちこちにあるのが特徴です。まずは未舗装の道を行き、さらに白/赤の印が付いた小道を「谷間の道(Strada della Valle)」と「ヴァレンツァーノ山(Monte Valenzano)」を目指して進み、ヴァレンツァーノ山を超えるまで行きます。小さな峠で未舗装の道が大きなヘアピンカーブを描くところの近くまで行ったら、間もなく左手のアスファルトの道へと下ります。この道はカミニョーネ(Camignone)方面へと続き、ブレーシャ(Brescia)とカモニカ渓谷(Valle Camonica)を繫ぐバイパス道路の下をくぐり、数分後にカミニョーネ(Camignone)に着きます。信号と白/赤の道標を越えると、まずキエーザ通り(Via Chiesa)に、その後マッツィーニ通り(Via Mazzini)に入り、昔の面影を残すバルボッリオの集落(Contrada Barboglio)を通過します。この先でブドウ畑の間を道なりにファンテーコロ(Fantecolo)方面へ進み、聖アポッローニオ教会(Chiesa di S. Apollonio)とアルピーニの小教会(Chiesetta degli Alpini)まで行きます。ここで白/赤の印の付いた「SF」(フランチャコルタの小道)の標識のある道を去り、右に曲がって彫像と小さな教会の間の未舗装の道に入ります。ブドウ畑に沿って歩くと、やがて森に入ります。15分ほど歩くと、右手に古い狩猟小屋が見え、高電圧パイロンの下に石造りの小さな建物が見えるところまで行きます。ここから白/赤の印の付いた「MS」の道標に従って、プロヴァッリオ・ディゼーオ(Provaglio d’Iseo)へと向かいます。住宅街を通り抜け、白/赤の印の道標を過ぎ、サン・ロッコ通り(Via San Rocco)の坂を上がっていきます。それまでアスファルト舗装だった道が砂利道になり、城跡を通り過ぎて、さらに今回のトレッキングのハイライトの一つである見晴らしの良い場所、マドンナ・デルコルノの聖地Santuario della Madonna del Corno)まで登り続けます。聖地を過ぎた後は、平地の未舗装道路を歩き、白/赤の印が付いた小道を進むと、小道は踏切の近くで終わりとなり、ローマ通り(Via Roma)に入ります。ここから数分でイゼオ(Iseo)の中心街となり、バスターミナルと鉄道駅に着きます。

その他の小旅行

主なパートナー

Michelin 2023 Italia
CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー