イタリア初のカーボンフットプリント測定モデル「Ita.Ca®」

フランチャコルタでは、かなり以前より持続可能な生産体制と環境に配慮したブドウ栽培に取り組んできました。温室効果ガスの排出は、他の生産活動と同様に、農業活動のなかで発生する環境影響の形態の1つにすぎません。土壌、水、空気に依存する農業にとって、環境問題は非常に重要です。
農業も、化石原料に依存した活動です。加熱および牽引用燃料、肥料、農薬は、すべての農業で使用するものですが、原油由来であるため、CO2排出の原因になるだけではなく、近年増加傾向にあるコストの要因でもあります。


したがって、環境と経済の2つの側面から、行動を見直し、新しい道を見つけ、温室効果ガスの排出を抑えるため、最大限の努力をすることが必要です。


このような理由からフランチャコルタ協会は、ワイナリーの温室効果ガスの排出量をモニタリングおよび測定し、もう一方は情報を提供し、生産をより持続可能なものにする監視ツールを作成しました。Ita.Ca® という名のツールは、ワイン生産活動に起因するCO2換算で計算された温室効果ガス排出量を測定します。この方法は、外国の様々な機関 (特にオーストラリア) が以前より採用してきた制度で、すでに実用化されている実験の分析に由来するものです。例えば、IWCC (International Wine Carbon Calculator) はミラノ大学との共同でSata Studio Agronomicoにより、イタリアの状況に統合および適応させるために改訂されました。データの目録作成のために使用される計算方法は、この評価の分野で特定の基準法として国際的に認知されている国際ブドウ・ワイン機構のプロトコル (OIVのGHGAP) にも準拠しています。


Ita.Ca®には、まず、ワイン生産チェーン (農場、醸造所、代表) 内部で温室効果ガスの排出が関連している活動を特定する目的があります。ここでは、CO2を排出することで温室効果に寄与するエネルギーの消費も含まれます。地域の専門家によって開発され、イタリアの状況に適応させた係数を通じて、これらすべての排出量は、排出されるCO2換算の相対量に変換されます。以下の3つが特定された活動です。

  • 一次領域:ワイナリー内で消費される化石燃料、またはそれに直接起因する活動 (暖房、輸送、駐車場、土壌からの炭素損失など) に由来する排出
  • 二次領域:他の場所で生産され、会社で輸送および消費された電気からの排出量。
  • 三次領域:外部から購入した材料の製造工程や廃棄物処理工程に起因する排出量。

プロジェクトは、データの収集と評価のためのアンケートを企業に提出することから始まりました。これにより、モデルによって予測された詳細を通して、それぞれの現実を理解することができました。Ita.Ca®モデルが予想して実行された評価に続き、一部の企業はISO 14064認証 (企業のカーボンフットプリント測定) を要望、取得しました。特にモデルがISO14064標準に準拠していることを確認しています。
調査の結果は、最大の排出量が三次領域に由来する可能性があることを示しています。つまり、外部から購入した材料の製造プロセスと廃棄物処理に起因する排出量です。二番目は電力の消費、そして最後に、企業活動の直接排出です。三次領域の結果の詳細は、実際、パッケージング (プロセスと材料) で、三次カーボンフットプリントの最大46%に相当します。一次領域では、ブドウの土壌の管理 (処理の強度、圃場の通路の数、操作機械の種類、肥料と農薬、特定の栽培技術など) が排出量の最大84%を占めています。
各ワイナリーにおける温室効果ガスの主な排出源を特定したら、排出量を削減するための補正措置を定義することができます。いくつかは、ブドウ園の管理 (有機廃棄物の価値化、土壌作業の削減)、醸造所の管理、梱包 (より持続可能な材料の選択) など、特別な投資の必要がなく、運用上の選択であるため、実現はより簡単です。一方で、ワイナリーの建築物の変更、再生可能エネルギーの生産システムや再生可能エネルギー (太陽光発電パネル) の採用など、時間もコストもかかるものもあります。


その結果、ワイナリーのエネルギー消費量、ひいてはそれに由来する炭素排出量に対する意識が高まり、好循環が生まれるのです。アペラシオン全体にモニタリングデータを拡大したところ、対象地域の2010年の基準年と比較して、2011年には約3,000トンのCO2に相当する排出量の削減が記録されたと推定できます。イタリアで初めて、アペラシオンの土地面積の非常に大きな割合で基本的な計算が行われたのです。


保守的なブドウ栽培は、地球への影響を減らすことに大きく貢献できる素晴らしい生産システムです。実際、しっかり管理されたブドウ園では、光合成の自然のプロセスを通して CO2を吸収し、大気から除去します。私たちに似たブドウ栽培地域では、ブドウ園が土壌に恒久的に「取り込む」ことができるCO2の量を測定することで、フランチャコルタモデルを使用した生産および加工活動によって排出されるCO2よりも大きなメリットが示されています。
生産プロセスの排出量と、非保守的なブドウ栽培と比較して改善される方法で農業的に管理されたブドウ園の推定される利益 (CO2の恒久的な隔離) との差を計算した場合、生産されたフランチャコルタ1本あたりのCO2換算の差は、1本あたり1.08 kgとなる可能性があります。また、客観的、かつフランチャコルタ地域に合わせた尺度で光合成による隔離からの利益の見積もりを確認するため、2015年以降、パドヴァ大学とミラノ大学、およびSata Studio Agronomicoとの共同で「ブドウ園の呼吸」を監視し、反証できない価値を「フランチャコルタのブドウ園」の環境の真の利益とするため、ブドウ園と大気の間のガス交換を測定するための重要で野心的なプロジェクトが開始されました。

その他のプロジェクト

主なパートナー

CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー