交尾破壊法によるサステナブルなブドウ蛾対策

ブドウ蛾(Lobesia botrana) の繁殖は天候に大きく影響されるため変動はあるものの、ブドウの木に深刻な被害を与える昆虫です。季節の異なる時期にブドウを攻撃し (花と房は同じブドウの異なる段階で形成される)、1年に2~3世代の繁殖があります。


房も腐敗しやすくなるため、損傷は直接的にも間接的にも、生産に対して量的、質的に大きな損失をもたらします。
この害虫は従来、殺虫剤処理で駆除されますが、大規模な蔓延の場合、繰り返し処理してもあまり効果が期待できない場合もあります。

ブドウに有害な昆虫の競争相手である有用な昆虫の数を減らし、ブドウ園の生態系のバランスを崩す殺虫剤を可能な限り削減するか、完全に排除するため、現在では交尾阻害の技術が適用されています。高濃度の性的フェロモンをブドウ園に散布し、ブドウ蛾 (Lobesia botrana) のオスを混乱させ、メスの信号を認識できないようにするものです。結果的に交配できなくなるため、繁殖が減り、この害虫が完全に無害になります。
交尾阻害法はコストがかかりますが、フランチャコルタのブドウ栽培では優先的される持続可能性の原則と完全に一致しています。
2014年、交尾阻害法を導入したブドウ園の総面積は約500ヘクタールでしたが、2021年には約2000ヘクタールに達しました。この作業は、フランチャコルタ協会がCentro Studi Agreaの協力の下、このパートナーシップを長年にわたって強化してきました。2021年以降、農場で実施された調査、およびAgreea技術者との共同分析に基づき、協会は週に1~2回発行される会報を通じて、この害虫 (およびその他の潜在的に有害な昆虫) の詳細な情報を提供してきました。このシステムにより、ブドウ蛾の個体群の実際のおよその数に関してワイン生産者に有用な情報を提供することが可能になり、交尾阻害法の有効性を確認しました。

その他のプロジェクト

主なパートナー

CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー