ブドウ園の生物多様性:研究から生産まで

土壌に生息するさまざまな生物の中で、節足動物は生物多様性の代表といえるでしょう。土壌の化学的状態や物理的状態の変化と、人間が行う管理に敏感であるため、土壌の質の優れた指標と見なされます。土壌は、地球上の生物種の4分の1が見られ、世界で最も複雑で多様な生態系だと言われています。これは、生物多様性が農業生態系に及ぼす影響として理解され、生産システムに良い影響を与える土壌の生物多様性とその機能的役割に関する問題の研究が活発になっています。


SataStudio Agronomico、ブレシア大学およびミラノ大学の協力で2014年に開始された調査では、国際基準に従って作成された2つの科学論文が発表され、確かな統計データ処理によって得られた結果の信頼性が保証されました。その後、査読規則に従って検証された後、オープンアクセスの科学コミュニティの通信チャネルを通じて公開され、科学文献の一部になりました。


フランチャコルタには、3,200ヘクタールの面積にブドウが植えられ、130の醸造所があります。5年間にわたって100の異なるブドウ園からの100のサンプルが調査されました。この研究により、フランチャコルタのさまざまなブドウ園に存在する節足動物が合計19グループ特定され、それらの共存関係 (同様の状況で一緒に発生する傾向) を定義することが可能になりました。土壌の有機物、湿度、温度、pHがさまざまなグループの行動に重要な影響を及ぼし、生物学的管理がこれらの生物の発達に良い影響を大きく与えることが明らかになりました。しかし、それだけではありません。ブドウ園を長期間生物学的に管理され、節足動物の多様性の最大レベルが観察されています。


この研究では、管理システムに応じた昆虫個体群の活動とブドウ園の健康への影響を理解するために、フランチャコルタの多数のブドウ園と企業が参加しました。これらの活動を理解することで、一部の病原体に対して防御するために影響の少ない行動を取ることが可能になりますが、同時に、生態学的バランスとその農業および環境価値を尊重するビジョンの重要性を企業に強調することができます。


フランチャコルタの有機栽培法で栽培された土地が増えたのは、個々の企業が敏感になった結果であり、生産の品質はもはやワインの官能的な品質だけで判断することはできないという認識が高まっています。しかし、生命、水、空気、地球の貴重な要素を尊重することも含めて、より広い意味を与える必要があります。これらの要素は、将来の世代のために可能な限り変更せずに残しておく必要があります。しかし、組合は、いくつかの活動やプロジェクトで近年、ワイン部門の科学研究の最前線にいることを証明することでより敏感になることに貢献しています。今日、フランチャコルタは有機ブドウ園の割合が最も高く、ブドウ園の3分の2以上が有機栽培です。  

その他のプロジェクト

主なパートナー

CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー