2017年 – ドメニコ・デ・マージの研究プロジェクト『FRANCIACORTA 2027

未来を設計するための討論会』

Franciacorta発泡ワインのDOC(原産地呼称)格付け取得50周年を記念して、2017年にフランチャコルタ・コンソーシアムは、社会学者ドメニコ・デ・マージの研究所に「FRANCIACORTA 2027: 未来を設計するための討論会」と題する研究プロジェクトを委託しました。将来10年間におけるフランチャコルタ地域の抱負、計画、問題点、構想、夢の大筋を決めるのがその目的です。その成果は2017年9月にマリア・ラテッラをモデレーターとして開催された会議で発表されました。会議には、アンドレア・イッリ(Altagamma会長)やオスカー・ファリネッティ(Eataly発案・設立者)といった実業家、ロベルタ・ガリバルディ(ベルガモ大学)やアンドレア・レーア(ミラノ・ボッコーニ大学)などの大学教授、フェデリコ・クアランタ(イタリア放送協会RAIのラジオ第2局の番組「Decante」担当)やカリン・オキーフ(Wine Enthusiast誌)といったジャーナリストが参加しました。公的機関を代表して、ロンバルディア州知事のロベルト・マローニも出席しました。議題はワイン、市場戦略、観光、地域、マーケティング、コミュニケーション、次世代について、と多岐に亘りました。

The results were presented in September 2017 at a conference moderated by Maria Latella. It was attended by entrepreneurs such as Andrea Illy (Altagamma president) and Oscar Farinetti (founder and creator of Eataly), professors such as Roberta Garibaldi (University of Bergamo) and Andrea Rea (Bocconi University of Milan), wine journalists such as Federico Quaranta (Decanter – Rai Radio Due) and Karin O’Keefe (Wine Enthusiast). Roberto Maroni, President of the Lombardy Region, represented the institutions. Many issues were discussed: from wine, market strategies, tourism and territory, to marketing, communication, and future generations.

こちらもお読みください

主なパートナー

CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia
EMMYS

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Valoritalia

教育パートナー