昔の教区教会(Vecchia Pieve)

この教区教会は、今日では聖ジョヴァンニ・バッティスタに捧げられた教会となっていますが、その昔、コッカッリオがローマ時代の広大な「pagus」(ローマ時代の行政用語で「田園地域の区域」を意味する)の中心地であり、キリスト教の拠点として重要な役割を担う町であり、コッカッリオが4世紀の北イタリアにおけるキリスト教の組織上、重要な役割を果たしたことを示す証でもあります。

このほかにも、コッカッリオの教区役場には、ヴィンチェンツォ・チヴェルキオによる絵画『聖オルソラと聖アントニオ』など、珍しくて貴重な宝物が保存されています。 

この教区教会が重要な役割を担うようになったのは、蛮族が侵入した時代のできごとと社会状況によるもので、この時期にローマ時代から続いていたpagusの構造が衰退したからでした。伝承や資料において、昔のミラノの司教であった聖アナタローネがブレーシャ地域に(新約聖書の)福音書を普及させたことが照明されています。

教会前の広場には、著名な牧歌詩人のルーカ・マレンツィオ(1553-1599年)の記念碑があります。

見学をご希望の方は教区の司祭へお申込みください。

 

facciata d'ingresso della pieve di santa Maria Nascente
la vecchia pieve
その他 修道院、教会

主なパートナー

logo michelin
CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Calvisius
Acqua Panna
San Pellegrino
Valoritalia

教育パートナー