ジャガイモのニョッキの天板焼き、フランチャコルタワインソースとCALVISIUS乾燥キャビア添え

シェフ: アウグスト・パジーニ レストラン名: Hill Colle ヒル・コッレ

難易度
中/高
時間
03:00
ペアリング
原材料名

材料(8人分)

ニョッキ用:
ジャガイモ(赤い皮の品種)750g
小麦粉(00タイプ)30g
コーンスターチ 25g
卵黄 1個
食塩 5g
白胡椒 2.5g
パルミジャーノチーズ(おろしたもの) 10g
粗塩 少々

フランチャコルタソース用:
フランチャコルタ発泡ワイン ブリュット 275g
生クリーム 700g
エシャロット 25g
バター 55g
パルミジャーノチーズ 90g

準備


皮付きのじゃがいもに塩をまぶして200℃のオーブンで1時間半焼きます。熱いうちに皮をむいて裏ごしして冷まします。他の材料を加えてよく混ぜます。
1個15gのニョッキに分け、一つずつフォークの背に当てて筋をつけます。

沸騰した湯に塩を加え、ニョッキをさっと茹でて、氷水に取って冷やします。
ていねいに水を切り、220℃の鉄板に移して、少量のエキストラバージンオリーブオイルをかけて、両面が黄金色になるまで焼きます。天板にベーキングシートを敷き、ニョッキを並べて200℃のオーブンで6分間焼きます。

鍋でフランチャコルタ発泡ワインとエシャロットを煮て、生クリームを加えて汁の量が3分の1になるまで煮詰めます。バターとパルミジャーノチーズを加えて攪拌します。

盛り付け:

深皿にフランチャコルタ発泡ワインで作ったソースを敷き、ニョッキを6個並べます。目の細かいおろし金(できればマイクロプレインが良い)で ”Calvisius” 乾燥キャビア(インゴットタイプ、1g)をおろしてニョッキの上にかけます。熱々のうちにいただきます。

こちらもお読みください

主なパートナー

logo michelin
CNMI Camera Nazionale della Moda Italiana
Porsche Carrera Cup Italia
1000 Miglia

技術パートナー

Slow Food
Parmigiano Reggiano
Calvisius
Acqua Panna
San Pellegrino
Valoritalia

教育パートナー